お知らせ ビープラウド、「90日で稼げるプログラマーに」オンライン学習サービス「PyQ(パイキュー)」を販売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月

23

#静的コード解析の会 第5回

未定

ハッシュタグ :#metasepi
募集内容

ホモ・サピエンス

無料

先着順
7/17

イベントの説明

静的コード解析とこの勉強会について

静的コード解析をご存知でしょうか。静的コード解析とは、コンピュータのソフトウェアの解析手法の一種で、ソフトウェアを実行することなく解析を行うことです。このような手法には以下のように様々な実装があります:

しかしこれらの手法は特性が異なります。メモリの安全性しか検査できないものや、実行バイナリを数学的に証明できるものまで幅があるのです。実際の製品に応用する際には「どの手法が製品のどの部分に適しているのか」知っておく必要があります。

また、実際の製品の安全性は単に設計すれば済む問題ではありません。お客様が製品を入手する際に、その製品はどのような検証をなされていて、どの程度の安全性なのか納得していただいた上で、安心して使用していただかねばなりません。そのためにはこれらの手法をわかりやすく初学者に解説できる必要があるのです。

この勉強会は上記のような静的コード解析についての意見交換を目的としています。

発表スタイルと発表者の募集

この勉強会では発表者を毎回募集しています。基本的に発表者は「自分の話したい内容」を「自分の話したい形式」で「自分の意図したレベル」にて発表できます。無理に高度な話をする必要もありませんし、無理に初心者にわかりやすくする必要もありません。

ただし、初心者はわからないところを(ある程度)質問できるものとします。おそらく初学者からは、この勉強会で発表者が宇宙語を話しているように見えるでしょう。ただし、主催者はあまりにも初歩的な質問内容であった場合には任意のタイミングでその質問を打ち切ることができることとします。

発表者は可能であれば当日の発表資料を後日公開してください。勉強会に参加できなかった方々にも知見を共有したいためです。公にしたくない内容を発表する発表者は、事前にその旨を主催者に申告してください。

持ち物

  • Windows/MacOS/LinuxいずれかのOSがインストールされ、無線LANに接続可能なノートPC

当日の内容

仮ですが、以下のようなスケジュールを想定しています。

  • 12:45 ビル1階のサンクス飲食スペースに集合してください
  • 13:00-14:00 「自己紹介と今日話せるネタ出し」 by 全員

せっかく勉強会に集まったので、交流を深めるために自己紹介をしましょう。持ち時間は一人5分以内です。またもし勉強会当日に話せるネタがある場合には「XXXの発表をしたいです」と発言してください。予定を調整します。主催者が発表ネタを作るのに苦しくなってきたので新しいネタを供給していただけると嬉しいです!

14:00以降は各自の持ちネタを発表します。途中休憩を10分x2確保しようと思います。現時点で上がっている発表ネタとその発表に必要な時間は以下です:

  • 「GObject Introspectionをさわってみたよ (30分)」 by @masterq

GObject IntrospectionGObject というライブアリを持ちいて、かつ特殊なコメントを埋め込まれたC言語ライブラリへの高級言語バインディングを自動生成する機構です。Haskell言語向けGObject Introspectionの実装である haskell-gi をサーベイした結果を報告します。

  • 「ATS言語ハンズオン (60分)」 by @masterq

ATS言語 (日本語ページ) はOSのカーネルやベアメタルで動作するコードを安全に設計できることが知られています。このハンズオンではATS言語にまったく触ったことのないユーザ向けに、各プラットフォームへのATSコンパイラのインストール方法、最初のATSプログラムの書き方、依存型の解説と簡単な利用方法、線形型の解説と簡単な利用法について説明/ハンズオンを行ないます。

  • 「最近のはてなブックマークを見て談話しよう (30分)」 by 全員

@masterqが日々収集しているコード検証に関するブックマークを皆で眺めながら意見交換をしましょう。

  • 「徹底討論テーマ: 型システムとコード検証、どちらが現実に即した解なのか? (20分)」 by 全員

これまで見てきたようにATSは型システムを使ってソフトウェアの仕様を記述したり安全性を担保します。一方VeriFastはコード検証によってC言語に不足していたメモリまわりの安全性の向上や仕様記述をサポートします。手法は違ってもこれらのツールの目的も使い所も似ています。これらは本質的にどう違うのでしょうか?どちらがより良い現実的な解なのでしょうか?皆で議論しましょう!

  • 「徹底討論テーマ: 本会議のより良い名前を考えよう (20分)」 by 全員

いままで #静的コード解析の会 という名前で本会を運営してきましたが「品質に貢献できるのであれば動的なテストなども扱っても良いのではないか」「名前が日本語だと日本人以外が参加しにくいのではないか」などの理由から会の名前を変更した方が良いのではないかと@masterqは考えているようです。Austin Quality Software Development Meetupなどという会議もあるとのことなので"Tokyo Quality Code Development Meetup #TokyoQCDM"のような名前の方がふさわしいでしょうか?

  • 「懇親会の調整 (お店を選んで参加人数で予約します) (15分) 」by 全員
  • 17:45-18:00 「次回の計画 (15分)」 by 全員

会場について

永和システムマネジメント様に会議室を提供していただきました。ありがとうございます!

  • 場所 : 〒101‐0041 東京都千代田区神田須田町2-3-1 NBF神田須田町ビル7F map(1階がサンクスのビルです。)

開催日は休日のため、ビル自体が入館制限されており、関係者でないと入れません ので注意ください。

参加者のみなさんは次の段取りに従って入館してください。

  • 12:45 に同ビル1階のサンクスの飲食スペースあたりに集合してください。
  • 入館できる人が引率して、まとまって入館します。
  • 遅参した場合は、サンクスに到着したら 主催者のTwitter や同席予定者へ連絡してください。別途入館を支援します。
  • 主催・発表予定者で、早めに来たい方には、別途調整しますのでご連絡ください(会場は 12:30 から使えるようにしてあります)。
  • 電源、Wi-Fi は自由に使えます。
  • 飲食は自由です。自動販売機があります。(ゴミの後始末は各自でお願いします。)
  • その他この勉強会において困ったことがありましたら 090-3524-7064 まで電話をください。主催者 が対応いたします。

懇親会

18:30から以下で懇親会を開催します。

  • 春天酒坊 03-6206-9200 東京都千代田区神田須田町2-6-2-101

協賛

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

masterq

masterq さんが #静的コード解析の会 第5回 を公開しました。

2017/04/29 17:58

#静的コード解析の会 第5回 を公開しました!

グループ

Metasepi

組み込み/関数型プログラミング/コード検証などの話題を扱うコミュニティです

イベント数 12回

メンバー数 88人

開催前

2017/09/23(土)

12:45
18:00

イベントに申し込むには
ログインしてください

募集期間
2017/04/29(土) 17:58 〜
2017/09/23(土) 18:00

会場

永和システムマネジメント コワーキングスペース

東京都千代田区神田須田町2-3-1 NBF神田須田町ビル7F

永和システムマネジメント コワーキングスペース

参加者(7人)

nanbuwks

nanbuwks

#静的コード解析の会 第5回 に参加を申し込みました!

rysh

rysh

#静的コード解析の会 第5回に参加を申し込みました!

tos

tos

#静的コード解析の会 第5回 に参加を申し込みました!

久保秋 真

久保秋 真

#静的コード解析の会 第5回 に参加を申し込みました!

masterq

masterq

#静的コード解析の会 第5回 に参加を申し込みました!

kuribayashi9

kuribayashi9

#静的コード解析の会 第5回に参加を申し込みました!

TadashiEbara

TadashiEbara

#静的コード解析の会 第5回に参加を申し込みました!

参加者一覧(7人)